アトピーをサプリメント・食事の栄養効果で改善するための対策ブログ

アトピー経験者によるアトピー性皮膚炎をサプリメント・食事の栄養効果で改善・治すための方法を情報発信している対策ブログです。

アトピー性皮膚炎を改善するための油の摂り方とは?

当ブログでは「アトピー性皮膚炎をサプリメントや食事の栄養効果で改善するための方法と対策」について述べていますが、今回は「アトピー性皮膚炎を改善するための油の摂り方」について書いていきたいと思います。

アトピー性皮膚炎の症状を食事によって緩和・改善していくには、正しい油の摂り方を知っておくことが大切になってくるのです。

その理由としては、まず、アトピー性皮膚炎はおでこや顔の頬、脇の下など、皮脂腺が多く集まっている場所に最初に集まってくることが挙げられます。

そして、注目すべきなのは、牛乳や肉、卵、油などの摂取量が、アトピー患者の増加量と比例関係にあるということです。つまりアトピーの悪化の原因は油にあるといえるのです。

(このあたりのことは、医学博士の永田良隆氏の『油を断てばアトピーはここまで治る』に詳しく書かれているので、関心がある方は一読していただきたいと思います)。

 

油を断てばアトピーはここまで治る

アトピーの原因になる脂肪酸とは?

ところで、食べ物に含まれる脂肪酸には飽和脂肪酸不飽和脂肪酸がありますが、アトピー性皮膚炎のかゆみの症状に関係しているのは、不飽和脂肪酸のオメガ6だと言われています。

オメガ6の脂肪酸は必須脂肪酸であるため、体内で合成されず、以前は積極的な摂取が推奨されましたが、近年はこのオメガ6の脂肪酸を知らないうちに過剰摂取していることが、アレルギーや動脈硬化など健康に悪影響を与えるとして問題にされるようになりました。

この不飽和脂肪酸のオメガ6が具体的にどのような油に含まれているのかといえば、サラダ油や紅花油、ごま油など、植物性の油で、ご家庭の調理の際に使われるだけではなく、市販のマヨネーズやドレッシング、カップラーメンやお菓子、カレールーなどの加工食品にも大量に使われています。

そしてアトピー性皮膚炎において問題になるのは、このオメガ6の不飽和脂肪酸の中に含まれている「リノール酸」です。

このリノール酸は代謝の過程でアレルギー反応に関わるアラキドン酸になり、やがてかゆみ物質であるロイコトリエンに変換されてしまいます。

そのため、リノール酸の過剰摂取がアトピー性皮膚炎の症状を引き起こしてしまう大きな原因なのです。

また、水素結合が足りない不飽和脂肪酸に対して、人工的に水素添加することで出来たいびつな飽和脂肪酸である「トランス脂肪酸」もアレルギーを引き起こすとされているので、注意が必要です。

アトピーを改善するにはオメガ3脂肪酸を多く摂るようにすることが重要

それでは、日頃の食事においてアトピー性皮膚炎の症状を緩和したり改善したりするには、どのようなことを心がければ良いのでしょうか?

アトピー性皮膚炎の症状の緩和・改善には、まず、リノール酸が含まれている植物油を食事でなるべく減らしていくことが大切です。

そして、その代わりにオメガ3と呼ばれる脂肪酸を積極的に摂っていく必要があります。

オメガ3脂肪酸(α‐リノレン酸、DHA、EPA)は、オメガ6脂肪酸と相反する性質を持ち、アレルギーの症状を緩和する働きがあると言われています。

中でもEPAは炎症を抑制し、アレルギーの症状を緩和するのに高い効果を発揮するとされています。

しかしだからといって、オメガ3脂肪酸を大量に摂取するのは禁物ですが、オメガ6のリノール酸を過剰摂取している傾向がある場合は、ある程度のオメガ3脂肪酸を積極的に摂ることで、オメガ6とオメガ3の脂肪酸のバランスをうまく調整していく必要があります。

ちなみにオメガ6とオメガ3の摂取量の理想的なバランスは2:1や1:1だと言われています。

オメガ3脂肪酸(α‐リノレン酸、DHA、EPA)を効率的に摂るには?

ちなみに、このオメガ3脂肪酸のDHAやEPAはイワシやサバなどの青魚に多く含まれていますので、日頃の食事の中で青魚を多く摂ることが必要になってきます(1日の必要摂取量は1000~2000mg程度)。

しかし、毎日青魚を食べるのが難しいという方は、サプリメントからの摂取がおすすめです。

特におすすめのDHA・EPAサプリメントは、オメガ3脂肪酸が手軽に摂れるうえに高品質な【DHA&EPA+サチャインチ】 です。

またアレルギー症状の抑制効果が高いEPAを多めに摂りたいという方は高濃度EPAサプリ(さらさら成分)「さらさら青魚」 がおすすめです。

 

ところで、オメガ3脂肪酸のうちのα‐ リノレン酸は、亜麻仁油やえごま油、シソ油などに50%程度含まれており、体内に摂りこまれると、およそ1~2割がDHAやEPAに変換されます。

亜麻仁油などの食用油には、リノール酸も一緒に含まれているので、単純にそのような食用油だけを摂っていれば良いわけではなく、常にバランスに気をつけていく必要がありますが、 亜麻仁油やえごま油などをサラダにかけたりすることで、手軽にオメガ3の脂肪酸の不足を、ある程度補うことが可能です。

以上が、普段の食事において、アトピー性皮膚炎の症状を改善していくための正しい油の摂り方です。

からだの内側からアトピー性皮膚炎の症状を治していくためには、油の摂り方は非常に重要になってきますので、ぜひ油(脂質)の摂り方に気をつけてみてください。