アトピーをサプリメント・食事の栄養効果で改善するための対策ブログ

アトピー経験者によるアトピー性皮膚炎をサプリメント・食事の栄養効果で改善・治すための方法を情報発信している対策ブログです。

アトピー改善のために必要なビタミンCの摂り方とは?

当ブログでは「アトピー性皮膚炎をサプリメントや食事の栄養効果で改善するための方法と対策」について述べていますが、今回は「アトピー改善のために必要なビタミンCの摂り方」について書いてみたいと思います。

 

以前、「ビタミンCサプリメントの副腎を強化してアトピー性皮膚炎を改善する効果」という記事を書きましたが、この記事では、アトピー性皮膚炎の症状を治していくためにビタミンCの摂り方について少し詳しく書いてみようと思います。

 

まず、ビタミンCがアトピー性皮膚炎の改善のためになぜ必要なのかと言えば、副腎が作り出すステロイドホルモンにビタミンCは深く関わっているからです。

特にビタミンCはコルチゾール(ステロイドホルモン)が作られる時に使われる栄養素であることが知られています。

ストレスと副腎皮質ホルモン「コルチゾール」の合成とアトピー性皮膚炎の関係性において、ビタミンCのこまめな補給は欠かせないのです。

また、アトピー性皮膚炎の発症やアトピーの悪化にはストレスが深く関わっていると考えられますが、ストレスを感じる度にビタミンCは消耗してしまうので、コルチゾールを分泌し続ける副腎を助けるためには、ビタミンCは多めに摂らなければならないのです。

さらにビタミンCはコラーゲンの合成に欠かせない存在であり、ビタミンCが不足するとコラーゲンの合成がうまくいかなくなり、肌荒れの原因になります。

そのためアトピーによって悪化した皮膚を再生していくためにもビタミンCは必要なのです。

ビタミンCの性質について

ところで、ビタミンCは水にとけやすい水溶性であり、熱や酸に不安定な性質を持っているため、野菜から摂る場合は、生食やさっとゆでる調理法などで摂取することが望ましいとされています。

ちなみに、ビタミンCを多く含んでいる食材としては、柑橘類、赤ピーマン、ブロッコリー、モロヘイヤ、アセロラ、レモン、キウイフルーツ、イチゴなどが挙げられます。

また、ビタミンCは過剰摂取したとしても、尿として速やかに排泄されるため、摂り過ぎに神経を尖らす必要はありません。

ビタミンCの効果的な摂り方とは?

ただし、1回に200mgであれば、吸収率は100%ですが、1000mg摂るとすると、吸収率は70%程度に落ちてしまうとされています。

しかし残りの30%は大腸内の腸内細菌や腸粘膜に作用したり、毒素を排出したりするため、無駄になるわけではないといいます(参考 溝口徹『アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる!』)

さらに、栄養療法の専門家である溝口徹氏によれば、ビタミンCは摂取してから30分ほどで血中濃度が最も高くなり、その後3時間程度で元の血中濃度に下がってしまうそうなので、2~3時間おきに少量のビタミンCを摂るというのが理想的です。

ところがビタミンCを果物や清涼飲料水から大量に摂ろうとすると、果糖やブドウ糖果糖液糖などを余計に摂取してしまうため、ビタミンCの効果的な摂り方という意味では、好ましくありません。

また余分な糖質の摂り過ぎは、アトピー性皮膚炎の悪化にもつながりますので、市販のビタミンCが含まれた清涼飲料水の飲みすぎには、注意が必要です。

 

ビタミンCサプリメント

ちなみに私が副腎を助けるために実践しているビタミンCの摂り方は、500~1000mg程度のビタミンCを3時間以上の間隔をあけて、1日に数回サプリメントから摂るという方法です。

しかし溝口徹氏によれば、ビタミンCを摂るとガスが増え、摂り過ぎると、人によっては下痢や軟便になるそうですので、ガスをバロメーターにして摂取量を調節するのが良いそうです。

もしビタミンCをこまめに補給したいけれど、サプリメントを飲むのは苦手だという方は、粉末状のL‐アスコルビン酸を水に溶かしてこまめに飲むのもオススメです。

 

atopi-kaizen.hatenablog.com

 

アサヒグループ食品 ディアナチュラ ビタミンC 60日分(120粒)

新品価格
¥401から
(2016/9/14 16:34時点)

 

ビタミンC(アスコルビン酸)1kg 粉末・100%品 食品添加物規格 1cc計量スプーン付き

新品価格
¥1,470から
(2016/9/14 16:36時点)

 

 

アトピーに朗報!』で紹介されたアトピーの乾燥肌を改善する「アトピスマイル」については以下の記事を参照してください。

atopi-kaizen.hatenablog.com