読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトピーをサプリメント・食事の栄養効果で改善するための対策ブログ

アトピー経験者によるアトピー性皮膚炎をサプリメント・食事の栄養効果で改善・治すための方法を情報発信している対策ブログです。

加工食品を減らすことはアトピー性皮膚炎の改善に効果的な理由

アトピー改善 食事

当ブログでは「アトピー性皮膚炎をサプリメントや食事の栄養効果で改善するための方法」について述べていますが、この記事では「加工食品を減らすことはアトピー性皮膚炎の改善に効果的な理由」について書いていこうと思います。

 

加工食品はスーパーマーケットやコンビニエンスストアで多く販売されていますが、カップ麺やお菓子類、アイスクリーム、冷凍食品などはどれも、アトピー性皮膚炎を治していくためには、日頃の生活においてなるべく食べるのを減らしていったほうが良いと考えられます。

なぜなら加工食品は、細胞の新陳代謝のために必要不可欠なビタミンミネラルなどの栄養素がほとんど含まれていないため、加工食品ばかり食べていると、栄養不足に陥りやすくなるうえ、アトピーを悪化させる原因になる砂糖やサラダ油、トランス脂肪酸食品添加物なども多く含まれているからです。

例えば、加工食品にたくさん使われている砂糖が血糖値を上げてしまうと、インスリンによって血糖値が下げられ、今度は血糖値を安定させるために副腎からコルチゾールが分泌され、ステロイドホルモンを作る副腎に余計な負担をかけてしまいます。

また、サラダ油には皮膚のかゆみを作り出す原因になるリノール酸がたくさん含まれています。

それに加えて、水素添加したプラスチックのような油であるトランス脂肪酸アレルギーを引き起こす原因になると考えられます。

さらに、食品添加物は分解するために消化酵素を多く消費してしまいますし、腸内細菌叢のバランスを崩して腸内環境を悪化させる原因にもなります。

そのため、加工食品はアトピー性皮膚炎を悪化させる原因になりますし、結果的に細胞のスムーズな新陳代謝を妨げてしまうことになります。

これは私の体験談ですが、実際、アトピー性皮膚炎を発症している間に、我慢できず加工食品を食べてしまうと、患部にかゆみを感じることが多いです。

つまり、加工食品は体内で炎症(燃え盛る火事のような体内での異常事態)を引き起こしてしまうのです。

したがって、カップ麺やお菓子など、ついつい食べたくなってしまうことがあるかもしれませんが、アトピー性皮膚炎を改善していくためには、日頃の食生活において、加工食品を食べるのはなるべく避けた方が懸命です。

 

atopi-kaizen.hatenablog.com

atopi-kaizen.hatenablog.com

atopi-kaizen.hatenablog.com