読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトピーをサプリメント・食事の栄養効果で改善するための対策ブログ

アトピー経験者によるアトピー性皮膚炎をサプリメント・食事の栄養効果で改善・治すための方法を情報発信している対策ブログです。

活性酸素がアトピー性皮膚炎の要因である理由

アトピー改善 アレルギー ミトコンドリア

当ブログでは「アトピー性皮膚炎をサプリメントや食事の栄養効果で改善するための方法と対策」について述べていますが、今回は「活性酸素アトピー性皮膚炎の要因である理由」について書いていきたいと思います。

活性酸素は呼吸を行うだけでも生じてしまうものであり、普段は悪者ではないのですが、体内に増えすぎてしまうと、細胞をサビつかせて老化を促したり(酸化)、細胞内のDNAを傷つけたりするとされています。

また、活性酸素は体内の炎症を引き起こすことで、アトピー性皮膚炎をはじめとしたアレルギーや、生活習慣病を引きおこすと言われています。

例えば、強いストレスを感じた時に、体の一部がかゆくなってしまうのは、炎症を引き起こす活性酸素の発生が関係していると考えられます。

ちなみに、その活性酸素が増えすぎる原因としては、以下が考えられます。

 

  • 強いストレス
  • 激しい運動
  • 喫煙
  • 電磁波
  • 紫外線
  • 化学物質
  • 食品添加物

 

そして増えすぎた活性酸素は、細胞内でATPと呼ばれるエネルギー通貨を産生しているミトコンドリアの機能低下ももたらすといいます。

そのため、アトピーの克服に限らず、普段から健康でいるためには活性酸素が増えすぎないような対策を行うことが大切になってくるのです。

フリーラジカルとは?

ところで、活性酸素は「フリーラジカル」の一種です。

このフリーラジカルについては、宇野克明氏の『ミトコンドリア革命』のなかでの説明が簡潔ですので、引用することにします。

 〝フリーラジカル〟とは原子核を周回する電子の数に不足が生じ、対をなさなくなってしまった元素を含む物質の総称だ。こうした電子、すなわち〝不対電子〟が常に周囲よりその不足した分の電子を調達しようとする性質を持った反応性の高い不安定物質である。

 そのため、フリーラジカルは周囲から電子を強奪し、その時電子を失った周囲の組織は著しく酸化してしまうことになる。

 このようなフリーラジカルを含んだ酸化物質の総称を〝活性酸素種(スーパーオキサイド)〟といい、人体を破壊する怖い物質として恐れられている。活性酸素種の個別名称としては〝活性酸素〟〝ヒドロキシルラジカル〟〝過酸化水素〟、そして〝一重項酸素〟が有名だ。

 こうした性質、名称を持つフリーラジカルだが、その作用で最も恐ろしいのが細胞核DNAに与える酸化損傷だ。フリーラジカルに与えられた損傷は時に恐ろしい 〝がん〟や酸化に伴って生じる各種疾患の増加、あるいは老化促進の原因すら引きおこす。さらに、こうした減少を放置すれば、その強い酸化反応は連鎖的に 〝電子の強奪〟を繰り返し、更なる状況の悪化さえもたらしてしまうだろう。(宇野克明『ミトコンドリア革命』p61~63)

アトピーの改善には活性酸素フリーラジカル)対策

宇野氏がこのように述べている通り、フリーラジカルは、細胞の老化促進や、がん、アレルギーなどの原因になるとされています。

つまり、冒頭でも述べましたが、フリーラジカル活性酸素は万病のもとであり、アトピー性皮膚炎に関しても、決して無関係ではないと考えられるのです。

したがって、フリーラジカル活性酸素の働きを抑えることが、アトピー性皮膚炎の症状緩和のためには大切になってくるのです。

ちなみにこのフリーラジカルの働きを抑えるには、「抗酸化物質」が有効であると言われています。

たとえば、ビタミンCやビタミンE、アントシアニンレスベラトロールアスタキサンチンなどのポリフェノール類には、活性酸素を除去する強い抗酸化作用があります。

また、体内ではSODと呼ばれる酵素活性酸素の働きを抑えてくれています。

さらに、細胞内のミトコンドリアの働きが活性酸素によって鈍らないように、軽いジョギングや気功など、ゆるやかな運動などによってミトコンドリアを増やしていくことも、活性酸素対策には重要です。

 

atopi-kaizen.hatenablog.com

lifepower.hatenablog.com