読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトピーをサプリメント・食事の栄養効果で改善するための対策ブログ

アトピー経験者によるアトピー性皮膚炎をサプリメント・食事の栄養効果で改善・治すための方法を情報発信している対策ブログです。

サプリメントがアトピー性皮膚炎の改善に必要な理由

サプリメント アトピー改善 栄養効果

当ブログでは「アトピー性皮膚炎をサプリメントや食事の栄養効果で改善するための方法と対策」について述べていますが、今回は「サプリメントアトピー性皮膚炎の改善に必要な理由」について書いてみたいと思います。

 

そもそも、アトピー性皮膚炎を改善するためにサプリメントは必要なのでしょうか?

当ブログではアトピーを治していくためにサプリメントを紹介していますが、栄養バランスの良い食事をしていれば、サプリメントに頼る必要はありません。

特定のサプリメントを飲み続けたらアトピーが治ったという宣伝を、インターネット上などで時々見かけますが、サプリメントはあくまで栄養補助として考えるのが適切であり、サプリメントに過剰な期待を寄せないほうが良いように感じます。

しかし、アトピーを改善するためには必要不可欠であるにも関わらず、普段の食事では摂りにくく、偏った食生活を送っていると、どうしても不足しがちになってしまう栄養素があります。

それは、

 

 

です。

 

乳酸菌と食物繊維が必要な理由

乳酸菌と食物繊維は、腸内環境を改善するために必要ですが、発酵食品や、野菜、海藻類などを普段から多く摂らないと、不足しがちになってしまいます。

もし乳酸菌と食物繊維が不足することで腸内環境が悪化してしまうと、そのぶん、アレルギー症状が起きやすくなってきます。

特に近年、日本人の腸内環境の悪化に伴うアレルギー症状の増加の背景には、食物繊維の不足があると指摘されています。

また、腸の専門家の間では、清潔志向によって、腸内細菌の多様性が失われてしまっていることも、アレルギーが起こりやすくなった原因として挙げられています。

したがって、日頃の食生活で発酵食品や野菜などをたくさん食べられない方は、サプリメントを利用することで、十分な量の乳酸菌と食物繊維を摂り、腸内環境を改善していくことが好ましいのです。

オメガ3脂肪酸(EPA・DHA・α‐リノレン酸)が必要な理由

さらに、オメガ3脂肪酸(EPA・DHA・α‐リノレン酸)には炎症を抑える働きがありますが、主に青魚に多く含まれているため、毎日の食生活で魚をたくさん食べない限り、なかなか摂ることができません。

一方、加工食品に多く含まれているオメガ6のリノール酸トランス脂肪酸を摂り過ぎてしまうと、体内で炎症が起きやすく、かゆみの原因にもなると考えられます。

このあたりのことは「油の摂り方」について書いた記事を読んでいただきたいと思いますが、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は「1:1」や「1:2」のバランスが大切なのです。

ビタミンCが必要な理由

アトピー性皮膚炎の発症やアトピーの悪化にはストレスが深く関わっていると考えられますが、ストレスを感じる度にコルチゾールを分泌し続ける副腎を助けるためには、ビタミンCは多めに摂らなければならないのです。

したがって、サプリメントをうまく利用して、こまめにビタミンCを補給することが、ストレス対策や、副腎が分泌するコルチゾールによる、アトピー性皮膚炎の治癒のために大切になってくるのです。

 

以上ここまで、サプリメントアトピー性皮膚炎の改善に必要な理由について書いていきましたが、アトピー性皮膚炎を良くしていくために必要不可欠な乳酸菌、食物繊維、オメガ3脂肪酸、ビタミンCに関しては、サプリメントを利用することが効果的だと考えられるのです。

 

アトピー改善にはサプリメントが効果的

 

atopi-kaizen.hatenablog.com

atopi-kaizen.hatenablog.com

atopi-kaizen.hatenablog.com